1. >
  2. 連載:はじめての「ニキビ跡に化粧水」

エントリー一覧

連載:はじめての「ニキビ跡に化粧水」

メイクのメリット:新しいコスメが発売された時のワクワク。素肌とのギャップにはまる。色々なコスメに費用をかけるとストレスが解消される。メイクをすること自体をもっと学びたくなる。

比較的女性によく知られているデトックスとは、身体の内側に澱のように溜まった不要な毒を体外に出させるという健康法のひとつで誰にでも行える代替医療に区分けされている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」を短く表現した言葉である。

押し戻してくる弾むような皮ふのハリ。これをもたらしているのは、コスメでおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。スプリング役のコラーゲンが安定して皮ふを支えていれば、弛みとは無関係でいられるのです。

目の下に大きなたるみが生まれると、男女関係なく本当の年齢よりもだいぶ老けて映ることでしょう。弛みには色々ありますが、中でも下まぶたは一番目につきます。

形成外科とは異なって美容外科が健康な体に医師が外科的侵襲をする美を追求する行為であるにも関わらず、結局は安全性への意識があまりにも不十分であったことが一つの大きな素因であろう。

スカルプケアの主だったねらいとは髪を健康に保つことです。毛髪に潤いがなくまとまらなかったり抜け毛が増加し始めるなど、たくさんの方々が頭髪の悩みを持っているようです。

身体中に存在するリンパ管に沿うようにして移動している血液の循環が悪くなってしまうと、色々な栄養や酸素がうまく運ばれず、最終的には不要な脂肪を多く溜めさせる誘因となります。

サンバーンを起こして作られてしまったシミをなんとか目立たなくさせようとするよりも、シミが作られないように予め予防したり、お肌の奥に潜んでいるシミの候補を防御する方が肝要だということをお分かりでしょうか。

美容整形をおこなう美容外科は、正式には外科学のジャンルであり、医療に主眼を置く形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別種のものだ。加えて、整形外科学と混同されやすいのだがまったくもって分野の異なるものだ。

美白という美容法は2000年以前に美容研究家の鈴木その子が一押しして流行したのは記憶に新しいが、それより昔からメラニン色素によるトラブル対策において使われていたようだ。

ネイルケアは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れを指す言葉。ヘルスケア、美容、巻き爪処置などの医療行為、生活の質(QOL)の保全など多彩な場面で活躍しており、もはやネイルケアは欠かせないものと言えよう。

気になる下まぶたのたるみの解消策で最も有効なのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。顔面の表情筋は意識していないのにこわばってしまったり、その時の精神状態に左右されている場合があるのです。

スキンケアコスメによる老化対策「老け顔」から脱出!自分の肌の性質をきちんと分析して、あなたにぴったりのスキンケア化粧品を選択し、臨機応変にお手入れをして今すぐ「老け顔」とお別れしましょう。

頭皮は顔の皮ふと繋がっているため、額までの部分をスカルプと全く一緒と考えることをあなたは知っていますか。加齢に従いスカルプが弛み始めると、その下にある顔面のたるみの誘因となってしまいます。

ネイルケアという美容法は爪をより美しい状態にキープしておくことを目的としているため、ネイルの違和感を把握する事はネイルケアの技術向上のために必ず役立つし無駄がないということができる。

硬直状態では血行が良くありません。その結果、下まぶた等顔全体の筋力が落ちてしまいます。顔中の筋肉も十分にストレッチをして時折緊張をほぐしてあげることが大切です。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、目立つ濃いシミを数週間という短期間で薄くして目立たなくするのにとても効果のある治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性ホルモンと関わりがある肝斑・しつこいニキビなどに用いられます。

軟部組織マニプレーションというものは一部の筋肉や骨が災いして位置が不安定にあってしまった内臓を原則のポジションに戻して臓器の作用を正しくするという手当なのです。

コスメでエイジングケアをして「老け顔」大脱出!お肌の質を把握して、自分にぴったりの化粧品を選択し、丁寧に手入することで「老け顔」とおさらばしましょう。

デトックスという健康法、専用の栄養補助食品の飲用及び岩盤浴で、こうした人体の有毒な毒素を体外へ排出しようとする健康法の事を言うのだ。

目の下に大きな弛みが出ると、誰でも実際の歳よりも4~5歳は老けて見られてしまいます。皮ふのたるみは色々ありますが、その中でも殊更目の下は目につく部位です。

汗をたくさんかいて体のなかの水分量が減ってくるとおしっこの量が減らされて体温調節に欠かせない汗用の水分が溜められるために、この水分自体が不愉快なむくみの原因になると言われています。

あなたには、ご自分の内臓が元気で健康だと言えるだけの自信がどれだけありますか?“痩せない”“肌荒れが気になる”などの美容のトラブルにも実はなんと内臓がきちんと働いているかどうかが関わっています!

サプリメントなどで知られるヒアルロン酸は人間の細胞と細胞の隙間に多数存在しており、水分の保持や衝撃を和らげる緩衝材の作用をして細胞を擁護していますが、年齢を重ねるにつれて体の中のヒアルロン酸は少なくなっていきます。

屋外でUVを浴びたときにできるだけダメージを抑える方法は3種類。1.日焼けした場所を冷却する2.普段より多くスキンケアローションをはたいて潤いを与える3.シミ予防のためにもめくれてきた皮をむいては駄目だ

メイクの利点:自分の顔立ちが少し好きになれること。顔に点在している面皰跡・クスミ・毛穴・そばかす・傷跡を上手に隠せる。だんだんと魅力が増してくるワクワク感。

アイラインなどのアイメイクを落とす時にメイクをきれいに落とさなければとゴシゴシと強く洗った場合、皮膚が傷んだり酷くなれば炎症を起こして色素沈着を招いてしまい、目の下の茶色い隈の一因になります。

メイクアップの利点:外観が向上する。化粧も嗜みのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見せたいという願望を叶えられる(あくまで20代前半までに限った話)。人に与える自分自身のイメージを多種多様に変えることが可能。

「デトックス」法に危険性や問題はまったく無いのだろうか。そもそも身体の中に溜まってしまう「毒素」というのはどのような性質のもので、その毒物は果たして「デトックス」によって排出できるのか?

知らず知らずの内にPCの画面に集中してしまい、眉間に縦じわを作り、その上口角を下げたへの字(余談ですが私はこの形をシルエットがそっくりなので「富士山ぐち」と言うこともあります)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。

メニュー